ディズニープラス リアリティ番組

IN THE SOOP /#3・4~名言だらけのパクソジュン

※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。ご了承ください。

  1. HOME >
  2. ディズニープラス >

IN THE SOOP /#3・4~名言だらけのパクソジュン

台本がないとしたら、パクソジュンがいい男すぎる…
ディズニープラスで独占配信中にリアリティ番組「IN THE SOOP」
全4話、完走。

#1・2の感想はこちら
パクソジュンの名言多数#3

#3語り合うパクソジュン、チェ・ウシク

タイトルIN THE SOOP~フレンドケーション
ジャンルリアリティ番組
キャストパク・ソジュン、Peakboy、チェ・ウシク、パク・ヒョンシク、V
話数全4話
公開年2022
配信ディズニープラス
IN THE SOOP 概要

#3では、ちょうど公開中だった「その年、私たちは」をリアルタイムで5人で観る。
キャーキャー言いながら観る姿が大変、可愛らしい。
そう、我が子とその友達を見ていても思うのだが、男子って意外とイチャイチャしている。
距離感は意外と近く、くっついたりスキンシップをしている。
その様子、実は可愛い。

ドラマを観ながら、ウシクとソジュンが演技論を語り始める。
この内容がなんとも興味深い。
これって台本なしなんだろうか、と思うぐらいに。
台本があったとしても、これは彼らの言葉に間違いないだろうから、
ドラマで彼らを観てきた人にとっては大変興味深い。

ウシクが「泣きながらセリフを言うのが苦手」と言ってみたり。
それに対して、ソジュンが「みている人に泣いてもらうものだから、自分が先に泣かなくていいんだ」と
応えたり。
そして、泣けるようになったということは「共感できる大人になったということだね」と
言ったり。
この意見が、パクソジュンの大人ぶりを感じさせる。
ソジュンが「ウシクの演技が勉強になる」と言い、
僕らは相乗効果があるね」なんて言って、
深い語り合い。
5人の関係性が語られる。
ソジュンとピークボーイは中学からの友人で、
ピークボーイがなかなか売れずに悩んでいた時に、
ソジュンが「人には花開く時がある。あなたは頑張っているから、いつか咲くよ」と言ってくれた
エピソードを披露。
熱い、アツすぎる…

ドラマでたくさん名台詞に触れてきたであろう彼らから名台詞が
飛び出すことはなんら不自然なことではない。

第一線で活躍し続けることがどれだけ大変で、
どれだけの苦労を乗り越えて、
たくさんの思いを重ねて今があるかを思えば、
彼らの言葉は重みがある。

メモしておきたい言葉がたくさんたくさん出てくる#3。
一番の見せ場であった。

テテとヒョンシク、ソジュンは「花郎」での共演が出会いだとか。
観なくては…演技初挑戦のテテはソジュンに色々と相談していたとか。

data-ad-client="ca-pub-5822305346515603" data-ad-slot="2678472334" data-ad-format="auto" data-full-width-responsive="true">

ベッドで突然泣くV…一体何が

「さあ、もう寝よう」とみんなで並んで布団に入る。
暗くなった部屋で突然すすり泣くV。
そして、一言「悲しみたくない」と。

なんとまあ意味深な言葉であろうか。
(翻訳しかわからないので、厳密にはなんと言ったのかわからないけれど)

「悲しみたくない」

結局、どうして泣いたのか、四人が聞いても答えなかったテテ。
一体何があったかはわからないけれど、それを無理に聞き出すこともなく
優しく慰める彼らの様子に少しこちらもホッとする。

BTSとしての彼らの活躍は、ファンでなくても知っている。
世界中で顔の知られている彼ら。
重圧。
責任。
そう言ったことではないかもしれないし、
何かあるかもしれないし、
そうかもしれない。

真実は本人にしかわからない。

でも、寝る前、布団の中、安心できる友人と5人。
何が理由であれ、泣きたくなる気持ちもなんだかわかる気もする。

それにしても、泣いてもなんだか可愛い存在。
おばちゃん、テテのファンになりそう。

data-ad-client="ca-pub-5822305346515603" data-ad-slot="2678472334" data-ad-format="auto" data-full-width-responsive="true">

まとめ〜何気ない日常が慰めてくれる瞬間

彼らは何度も、「大丈夫かな?こんなの(観ている人は)楽しくないんじゃないかな?」と
気にしている。
「僕たち、何もしてないよ」と。
いえいえ、楽しいです。十分です。
パジャマでくっついている姿も。
筋トレしている姿も。
料理をしている姿も。
寝起きで、くっついている姿も。
スケートでふざけている姿も。

また違う場面で彼らを観る時に、また違う視点で、
彼らの魅力を再確認しながら見ることができそう。

そして、誰かと誰かが仲が良くて、
誰かを思い合い、優しく声を掛け合う姿は
ただそれだけで、安らぎ、癒しを与えてくれる。

誰かが同じ感情でいること。

ふとしたことで笑えること。

彼らがどこかで笑っていること。

-ディズニープラス, リアリティ番組
-, , , , , , , , , , , , , , ,