おすすめ俳優 ネットフリックスおすすめ 韓国ドラマ 韓国映画

【好きな俳優】圧倒的存在感!数秒でも目が離せない!ク・ギョファンおすすめ出演作品5選〜プロフィールも紹介!

※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。ご了承ください。

  1. HOME >
  2. おすすめ俳優 >

【好きな俳優】圧倒的存在感!数秒でも目が離せない!ク・ギョファンおすすめ出演作品5選〜プロフィールも紹介!

ク・ギョファン

独特の空気感で唯一無二の存在!ク・ギョファン基本情報

名前ク・ギョファン
生年月日1982年12月14日
公式プロフィールhttp://www.namooactors.com/bbs/board.php?bo_table=nm5401&ckattempt=1
所属事務所NAMOO ACTORS
ク・ギョファン基本情報
ク・ギョファン

主演ではまだみたことがないのに、なんだか気になって仕方がない…

1話だけの登場、数分だけの登場なのに、その存在感が気になって仕方がない…

イケメンか?と言われたらそうでもない。

けれど一度掴まれた心はもう離れない!そんな魅力あふれる俳優ク・ギョファンが出演するドラマを

紹介します!

data-ad-client="ca-pub-5822305346515603" data-ad-slot="2678472334" data-ad-format="auto" data-full-width-responsive="true">

「D.P1」「D.P2」アン・ジュノのバディ/ハン・ホユル〜チョン・ヘインとのバディが最高

脇役、ちょっと出演の多いク・ギョファンがレギュラー出演していて、その魅力を

余す所なく発揮してくれているのが「D.P」シリーズ

ク・ギョファンとチョン・ヘイン出演「D.P」シリーズ公式予告編

チョン・ヘイン演じる主人公アン・ジュノの先輩としてバディを組む、ハン・ホユルを演じている。

ハン・ホユルはどこか人を食ったような話し方をしていて、世渡り上手。飄々としていて

掴みどころがない。でも、その内面は後輩思いで、優しい心の青年なのだ。

みた感じから全て生真面目な生年アン・ジュノと対照的ながらすごーく息の合った

バディになっていく様子はみていてワクワクする。

この役どころ、ク・ギョファンじゃないとこんなにも奥深くならなかったのでは

ハン・ホユルはおそらく家は裕福なのだが、どこか孤独を抱えている

その過去が明らかにされることはないが、なんだか奥深さを感じる。

それ、全てク・ギョファンが演じるからなのでは???

登場の仕方から話し方、かわし方、全部好き。

data-ad-client="ca-pub-5822305346515603" data-ad-slot="2678472334" data-ad-format="auto" data-full-width-responsive="true">

「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」第9話パン・グポン〜1エピソードの登場に過ぎなくても圧倒的な存在感

「ウヨンウ弁護士は天才肌」公式予告編

名作中の名作ドラマとなった「ウヨンウ弁護士は天才肌」だが、

中でも第9話のエピソードはすごく好き。

なかなかはっきりとした解答の出ない、そして難しいテーマが多く扱われる「ウヨンウ」だったが、

子どもの時間、子どもの受験戦争についての疑問定義として現れたパン・グポン(おならブー)。

真面目に突拍子もないことを言って、子どもたちを誘拐し、ひとしきり遊んだ後に解放。

真面目に大事件を起こし、真面目に大きなことを言って、理解しがたい訴えをするこの

パン・グポンというキャラクター。

他に一体誰が演じられただろうか。

私は、ク・ギョファンをこの9話で初めて見たけれど、もうすっかり虜になった。

ふざけているようで、大真面目。

こんな目をする人他にいる???

ウ・ヨンウ自体、観るべき名作だけれど、このク・ギョファンを見るためにも

是非ともみてほしい。

「キル・ボクスン」主人公の殺し屋仲間ハン・ヒソン〜切ない役どころが似合うのよ

「キルボクスン」公式予告編

シングルマザーの殺し屋キル・ボクスン。

有能で、絶大。だが、思春期の娘には「殺し屋」であることを隠している。(そりゃそうだ)

そのキル・ボクスンの同業であるハン・ヒソン。

実はキル・ボクスンと体の関係があったりするのだが…(ク・ギョファンのそういうシーン、初めてでドキドキ)

これまたあれこれと事情を抱えている役どころ。

自分の恋心と、家庭の事情と、殺し屋家業と…なんかその切ないあれこれを

背中に背負ってるという表情をするのよね、ク・ギョファンは。

その瞳に暗い過去や、後ろめたいこと全て詰め込んでる感じ。

「新感染半島ファイナルステージ」ソ大尉〜ワルモノ?でもなぜか憎めない哀しみが見える存在

「新感染」はコン・ユが観たくて鑑賞、私に「ゾンビ映画」の面白さを教えてくれた。

「新感染半島」については「みなくていっかなー」と

思っていたのだが、ク・ギョファン見たさで見ることに…

いやはや、やっぱり韓国映画はよくできている、という感想と共に、

ク・ギョファンがやっぱりいい!!!

ということを声を大にしてお伝えしたい。

ク・ギョファンの今回の役どころは、

国家がゾンビにして壊滅してから4年後。家族を守ことができなかった元軍人・ジョンソクを演じるのが

カン・ドンウォン。

香港に逃げていたジョンソクが韓国に放置されたドルを回収するために、ゾンビ溢れる韓国へ。

国家が壊滅し、政府も何もなく無秩序状態となった韓国

武装しながら好き放題にしているのが631部隊。(元軍人?)

ゾンビを集め「鬼ごっこ」と称して、奴隷のように集めた民間人をゾンビの中に放り込む。

そんな狂気の集団の中で、日々逃げ出すことだけを願って生きてきたソ大尉を演じるのが

ク・ギョファン。

狂気に加わることはないが、その狂気を止めることもできず、ただ自分の平穏を願ってきたのだろう。

絶望の中で突然「ドルを回収すれば、香港へ渡ることができる」という希望に

すがりつき、

自分だけでもいいから、逃げたいと必死になる姿。

ある種、卑怯者であり、決して「いい人」ではないが、そのラストシーンに浮かぶ表情は

なぜか憎むことができない。

ああ、彼にしか出せない哀愁がある…

「モガディシュ」北朝鮮参事官テ・ジュンギ〜その演技の深さに、一筋縄ではいかない南北の溝の深さを知る

1991年、実際に起きたソマリア内戦に巻き込まれた、外交官たちの話をモチーフにした

映画。

ク・ギョファンは北朝鮮側の参事官を演じる。

平時ではいがみ合い、牽制し合って、外交面で争っていた韓国と北朝鮮

ソマリア内戦が起き、無事脱出できるかどうかという緊急事態で、

協力し合うかどうか…という中で、自国の安全を優先し、信頼しあえずにいるのが

チョ・インソン演じる韓国側参事官とク・ギョファン演じる北朝鮮側参事官

あらゆる場面でぶつかり、疑い、心を許せずにいる。

チョ・インソンとの衝突もあったりして、見ものなのよ。

そして、ラストね…。

ク・ギョファンとチョ・インソンが見たくて見たこのドラマ。

色々と考えさせられる。

「キングダム アシンの物語」女真族首長アイダガン〜登場わずか数分!でも、有無を言わせぬ存在感

韓国時代劇✖️ゾンビドラマ「キングダム」の番外編的なドラマ(2時間)「キングダム;アシンの物語」

時は日本が「倭国」と呼ばれていた時代。

朝鮮半島は「高句麗」と呼ばれ、倭国の脅威に怯えていた。

朝鮮族とは別に、女真族と呼ばれる人々がおり、朝鮮族の人々に都合よく扱われ、

転々と暮らしていた。

その女真族の中でも好戦的な部族の首長をク・ギョファンが演じている。

主人公は女真族の中でも、朝鮮人と女真族の間に立たされ、どちらにも入れずに

どちらからも差別を受けてきた部族の出身。

そこに立ちはだかる存在として現れる、不気味なク・ギョファン。

2時間の映画の中で登場はたった数分。

でも、その圧倒的存在感…なんだろう。弱い役もできそうだけれど、

時々すごく残酷な目にもなる、そのせいだろうか。

背筋のゾクリとする存在。

まとめ〜ク・ギョファンの魅力

ク・ギョファンが主演のものはまだ見たことがないし、脇役・準主役、もしくはほんの数分の出番ということもある。

でも、その存在感は圧倒的で、すごく重要な人物な気がしてならない。

決してイケメン!というわけでもないのに、その瞳にすごーく引力がある

哀愁が宿っていることもあれば、残虐性が宿っていることもある。

信念が宿っていることもあれば、狡猾な心が宿っていることもある。

どんな役をやっても、「何かある」と思わせるその空気感。

多分、個人的な好みとして、ひねくれた人が好きな私。

一筋縄ではいかないぞ。見たまんまじゃないぞ。という役者さんがすごく好き。

その空気感にまさにぴったりなのだ。

これからもっともっとたくさん作品に出てほしい。

そんな役者さんである。

-おすすめ俳優, ネットフリックスおすすめ, 韓国ドラマ, 韓国映画
-, , , , , , , , , , , ,