アマゾンプライム おすすめ俳優 ディズニープラス ネットフリックスおすすめ 韓国ドラマ

【好きな俳優で見るおすすめドラマ5選】オ・ジョンセさん〜この人が出ていたら間違いない、と思ってしまう俳優!プロフィール紹介

※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。ご了承ください。

  1. HOME >
  2. アマゾンプライム >

【好きな俳優で見るおすすめドラマ5選】オ・ジョンセさん〜この人が出ていたら間違いない、と思ってしまう俳優!プロフィール紹介

オ・ジョンセ

好きな俳優から見る韓国ドラマを紹介するシリーズ。

この人が出てたらまず間違いない」と思ってしまう俳優、

オ・ジョンセ。

意外とまだそんなに作品を見ていないのに、

このアツイ信頼は何だろう。

オ・ジョンセ プロフィール

お名前オ・ジョンセ
生年月日1977年2月26日
身長174センチ
家族妻・息子・娘
デビュー映画「お父さん」
オ・ジョンセプロフィール
data-ad-client="ca-pub-5822305346515603" data-ad-slot="2678472334" data-ad-format="auto" data-full-width-responsive="true">

「サイコだけど大丈夫」ムン・サンテ〜涙が止まらなくなる・自閉症の兄役を熱演

サイコだけど大丈夫オフィシャル予告編

「サイコだけど大丈夫」は主演の二人の美しさも、演技も素晴らしく

ストーリー展開もロマンスとサスペンスの具合もよろしく、大好きなドラマなんだが、

このキム・スヒョン演じるガンテの年の離れたお兄ちゃんガンテをオ・ジョンセが演じている。

このオ・ジョンセさん、とにかく良かった。

自閉症の兄の「面倒を見ている」サンテに重くのしかかる存在・ガンテなんだけれど、

彼自身が抱えるものや、彼自身の成長・変化、それを主人公たちのそばで

絶妙に魅せてくれるわけですよ。

映像美も美しいこのドラマの中で、彼の内面の美しさもまた見どころの一つ。

この作品一つでオ・ジョンセさんへの信頼度を確信。

すごく味を出している。

data-ad-client="ca-pub-5822305346515603" data-ad-slot="2678472334" data-ad-format="auto" data-full-width-responsive="true">

「椿の花咲く頃」嫌な感じだけどどこか憎めない存在ノ・ギュテ

「椿の花咲く頃」予告編

主人公ドンベクが営む居酒屋の大家・ノ・ギュテ。

地方の田舎の地主で威張りたがりだけど、実は高学歴高収入の奥様の尻に敷かれている。

奥様がヨム・ヘランさんっていうね。もう私の好きな俳優・二大巨頭が夫婦役。

ドンベクに偉そうにしたり、サービスを要求したり、とにかく人から崇められたい

欲求が高い人なんだけど、どこか憎めないのはオ・ジョンセさんが演じるからかも。

でも、その要素を出せるのは、オ・ジョンセさんだからでは?とも思ったり…

この作品もまたサスペンスとロマンスの融合のさせ方が絶妙。

好きな作品にこの人あり、って思ったよね。

「シスターズ」カメオかな?オーキッド建設理事シン・ヒョンミン

「シスターズ」予告編

こちら、キーパーソンではあるけれど、スマートにスーツを着こなして

嫌味なことを言う上司役。

で、また「美しい靴」に関する持論とか述べちゃったりして…が、それがまた

スタイリッシュなわけですよ。

え?オ・ジョンセさんってこんなスマートな役もできるの?とこちらは

新鮮な驚きを味わえる。

なんせ、過去二作は幼いサンテと田舎の冴えない大家さんでしたから。

こんな高級スーツを着こなす男性もサマになるとは…

何者だ、オ・ジョンセ。

こちらカメオ的な出演だったけれど、オ・ジョンセさんへの信頼は

裏切られない。サスペンスにこの男あり。

「ストーブリーグ」主人公と敵対する常務/クォン・ギョンミン

弱小プロ野球チームのオフシーズンを描いたドラマ「ストーブリーグ

ナムグン・ミンさん演じる主人公が弱小チームを立て直そうとするのに対して、

この弱小チームを潰そうとする存在が、オ・ジョンセさん演じるクォン・ギョンミン。

まあ嫌な存在ではあるけれど、この人はこの人で内面にドラマを抱えているわけですな。

ただ嫌がらせをしているわけではない。

彼なりの過去や事情がある。

そういった葛藤が垣間見せるのが上手い!やっぱりオ・ジョンセさんは

上手い。

なんか敵対する役であっても、嫌いになりきれない。

それがオ・ジョンセ。

ディズニープラス「悪鬼」にて、悪鬼を追う民俗学教授ヨム・ヘサン

ディズニー+にて配信中(2023年7月現在)の「悪鬼」

キム・テリちゃん演じるク・サニョンと共に「悪鬼」の存在を追う民俗学教授を演じている。

この教授、実家が裕福で、リッチな生活をしているのだけれど、寡黙でスマートで

え…かっこいいやん???と私は勝手に心ときめかしているのだけれど、

オ・ジョンセさんは絶妙に恋愛対象にならないので(私個人の感想である)

なんだかむずむずしながら観ている。

そう、オ・ジョンセさん。スマートな役柄もまた様になる。

そしてサスペンスとかホラーとか似合うんだよね。やっぱり。

期待にそぐわず、「悪鬼」もやはり面白く、続きが気になって仕方ない展開をしている。

さすが、オ・ジョンセさん。

今後も期待している。

「悪鬼」についての感想はこちら

プライムビデオ「もうすぐ死にます」アン・ジヒョン〜やっぱり間違いのないと確信させてくれる人

「もうすぐ死にます」予告編

豪華出演者で話題の韓国ドラマ「もうすぐ、死にます」。

主人公が死ぬ直前の人々に生まれ変わり、死をなん度も経験するのだが、

その中の一人がオ・ジョンセさん演じるアン・ジヒョン。

元々のアン・ジヒョンと主人公が憑依してからのアン・ジヒョンの演技分け、

そして主人公の母親と対面した際の、抑えながらも感情の見える表情…うん、やっぱり好き。

「もうすぐ死にます」感想

オ・ジョンセさんまとめ

結局のところ、オ・ジョンセさんの演技が好きなのだ。

誰の演技が好きとか、存在が好きとかもうこれは好みでしかないけれど、

オ・ジョンセさんの演技が好きだし、彼の出演作は今の所私の中でハズレがない。

これからも信頼を持って、彼の出演作を観ていきたいと思っている。

「サイコだけど大丈夫」はメッセージ性も高くて本当に好き。映像美も素晴らしい。

-アマゾンプライム, おすすめ俳優, ディズニープラス, ネットフリックスおすすめ, 韓国ドラマ
-, , , , , , ,