読書

【読書記録】ミシンと金魚/永井みみ〜あらすじ・概要・感想〜

※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。ご了承ください。

  1. HOME >
  2. 読書 >

【読書記録】ミシンと金魚/永井みみ〜あらすじ・概要・感想〜

ミシンと金魚

「ミシンと金魚」あらすじ・概要

タイトルミシンと金魚
作者永井みみ
出版社集英社
ページ数138ページ
出版年2022年
「ミシンと金魚」概要

デイサービスに通うカケイさんの目線で進行する物語。
カケイさんは昔のことをつらつらと思いつくままに話し、
お医者さんに疎ましそうな顔をされる。

「みっちゃん」はデイサービスでお世話をしてくれる人たちの
ことを、みんなそう呼んでいる。

大きな「みっちゃん」もいれば、小さい「みっちゃん」もいる。
今日はどの「みっちゃん」かなと思いながらお世話してもらっている。

カケイさんの視点で交錯する「今」と「過去」
カケイさんの人生。

カケイさんに見える人々。

以下、感想にネタバレを含みます。未読の方はご注意ください。

data-ad-client="ca-pub-5822305346515603" data-ad-slot="2678472334" data-ad-format="auto" data-full-width-responsive="true">

「ミシンと金魚」感想

認知症の人が実際にどういう目線でいて、どういう思考回路でいて、
どのように思っているのか、

それを私は知らない。

認知症と診断されていても、会話は普通だなと思うこともあるし、
あれ?こういうところが認知症と診断されるということなのかな、とも思う。

カケイさんの記憶が行ったり来たりする中での物語。
時系列がバラバラの思いつくままに語られる、カケイさんの過去。
けれど、そこにはきちんと思考があり、認知症でない、自分を世話する人が自分をどう扱い、
どのように思っているか、どう接しているかを冷静に見つめている視点もある。
冷静に見つめながらも、それが客観的か否かはわからない。
そもそも認知症の人でなくても、主人公目線で語られるそれがいつも正しいとは限らない。

OpenClipart-VectorsによるPixabayからの画像

そして、その認知症であるカケイさんを取り巻く人々が、
本当はどういう人なのか。それもわからない。
認知症を取り巻く人を思うとき、その人たちがどういう気持ちでその行動をとっているのか。
それは見えにくいように思う。

「みっちゃん」は全面的に「善」なるものとして描かれているが、
それはお世話をしてくれるから、ではなく、
娘・道子を投影しているからに他ならない。

カケイさんにとって、カケイさんの人生の中で唯一の「幸せ」の象徴である
「道子」という娘の存在。その存在を投影したデイサービスの世話をしてくれる人たちは
「無邪気」であってもそれは「可愛らしい」存在となり、
絶対的に「善」なる存在として描かれる。

一方で、彼女がそうなる前から関係性のある、義理の姉・広瀬のばーさんや嫁は
意地悪く描かれている。
広瀬のばーさんは怖いし、嫁も怖く描かれている。
けれど、本当にそうなのだろうか、とも思う。

広瀬のばーさんについては、最後にカケイに話しかけてきて、カケイの知らなかった過去が
明かされる。決して「いい人」とは言えなくとも、カケイは不幸ながらも守られてきたことを知る。

嫁については、カケイの頭を叩くシーンがある。
何つー嫁だ、という描写だが、
彼女は夫亡き後、一人でカケイの面倒を見てきた。
カケイの遺産を狙っていて、遺書を書かせようとしたりする。
それは、もちろん「ひえー、恐ろしい〜」という描写なのだが、
カケイのトイレの始末はきちんと?しているようにも見える。

直接、血がつながった人たちがみんないなくなってしまった中で、
カケイを面倒を見てきた二人の女性。
血のつながらない女性二人。

認知症であるカケイの目から語られるだけではわからない、
見えない、人間というものが、少し垣間見える。

そこがまた、この本のすごいところだ、と思う。

-読書
-, , , , , , ,