読書

【読書記録】吉田修一/永遠と横道世之介上・下〜あらすじ・感想〜私の中の世之介へ

※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。ご了承ください。

  1. HOME >
  2. 読書 >

【読書記録】吉田修一/永遠と横道世之介上・下〜あらすじ・感想〜私の中の世之介へ

吉田修一「永遠と横道世之介」あらすじ・概要

「永遠と横道世之介」
タイトル永遠と横道世之介
作者吉田修一
出版社毎日新聞出版
装幀岡孝治
写真©️BLOOM image/amanaimages
ページ数上巻;347ページ/下巻;382ページ
長崎から上京してきた横道世之介のゆるーい日常を描くシリーズ第三弾。

時は平成。東京での生活もはや20年。

39歳になったカメラマン横道世之介が暮らすのは東京郊外の下宿。

恋人であるあけみちゃんが営む下宿に住む世之介。と言っても結婚しているわけではない。

微妙な関係。けれど、良好な関係。

それを見守るでもなく見守る下宿人の営業マン、書店員、大学生、そして引きこもりの一歩がやってきて、

さらにゆるい日常は続いていく…

data-ad-client="ca-pub-5822305346515603" data-ad-slot="2678472334" data-ad-format="auto" data-full-width-responsive="true">

吉田修一「永遠と横道世之介」を大切にしたい理由〜感想

横道世之介シリーズが好きだ。

いや、世之介が好きだ。

上京したての世之介を描いた「横道世之介」に始まり、それを最後まで読んだ人はもう、

結末を知っている。

けれど、だからこそ、そこへと続く彼の生活を細やかに知りたいし、知ることができるのは

この上なく幸せな時間だ。

「横道世之介」「続・横道世之介」に続くシリーズ3弾。

長崎から東京へ上京したばかりの世之介と周りの人々を描いた1冊目。

就職せずにのらくらと暮らしている頃を描いた2冊目。

世之介はいつの時代も、いつもどことなく頼りなさそう。

けれど、その言動はなぜか憎めず、なぜか揺るぎなく、なぜか心地いい。

その時々で、世之介のそばにいる人は、惑い、必死に生きようとしていて、

人生を迷い懸命に生きている。

そんな中で肩肘を張らずに、力を抜いて生きている世之介の言葉が

彼らの力となる。

「この世で一番カッコいいのはリラックスしてる人ですよ。」

世之介のこの言葉には妙に説得力がある。

リラックスできない時。

人生に焦りを感じる時。

どうにかこうしかしなきゃ…と思っている時、そんな時に

世之介がそばにいたら、リラックスできる気がする。

そしたら、大切なことを思いだせそうな気がする。

吉田さんの作品はどれも好きだけれど、この世之介シリーズが一番、

身近で優しくて、こうありたいと思える作品かもしれない。

「なんていうことのない日常の会話」だというけれど、

そういう会話が心の中に積み重なっていくと、なんだか心に余裕ができて、

私の人生の中にも暖かい仲間や、好きな人と過ごした何気ない瞬間を思い起こすことができる。

そうした時間の積み重ねが、何かあったときに自然体で、リラックスできるようになる

人生の豊かさなんじゃないかと思う。

hontoなら電子も紙もお好みで

-読書
-, , , , ,