アマゾンプライム ネットフリックスおすすめ 韓国ドラマ

【ドラマ感想】ある日〜真実のベール〜感想・あらすじ・相関図・キャスト/キム・スヒョンの演技と「善良」とは何かを考える

※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。ご了承ください。

  1. HOME >
  2. アマゾンプライム >

【ドラマ感想】ある日〜真実のベール〜感想・あらすじ・相関図・キャスト/キム・スヒョンの演技と「善良」とは何かを考える

ある日
「ある日〜真実のベール」

韓国ドラマ「ある日〜真実のベール」概要・あらすじ・キャスト・相関図

タイトル「ある日〜真実のベール」
キャストキム・スヒョン、チャ・スンウォン、
キム・ソンギョン、ヤン・ギョンウォン
脚本クォン・スンギュ
演出イ・ミョンウ
話数全8話
配信Netflix、アマゾン、HUluほか
「ある日〜真実のベール」概要

平凡な大学生・キム・ヒョンスはある日、友人との飲み会へ行くのに父親のタクシーを勝手に乗って

出かける。その途中で、グクファという魅力的な女子大生と出会う。

二人は一夜を共に過ごすが、翌朝目が覚めるとグクファがヒョンスの隣で亡くなっていた。

ヒョンスは身に覚えのないまま、殺人容疑で逮捕され拘束される。

ある日相関図
「ある日〜真実のベール」相関図
data-ad-client="ca-pub-5822305346515603" data-ad-slot="2678472334" data-ad-format="auto" data-full-width-responsive="true">

キム・ヒョンス/キム・スヒョン

喘息持ちの平凡な大学生。父親はタクシーの運転手。

心優しく、争い事も苦手。事件に巻き込まれ何が何かわからないままに、刑務所へ送られてしまう。

演じるキム・スヒョンの狼狽えた演技が引き込まれる。上手い。

さらに、時間が進むにつれて、諦める様子、生きるために自分の生き方を変えていく様子など

その目に宿る力までも演じ分けていて素晴らしい。

data-ad-client="ca-pub-5822305346515603" data-ad-slot="2678472334" data-ad-format="auto" data-full-width-responsive="true">

シン・ジュンハン/チャ・スンウォン

軽犯罪ばかりを扱い、小さな事件を数をこなして稼ぐ三流弁護士。やる気もなかったのに、ヒョンスの様子を見て「無罪」だと信じ、

弁護を申し出る。

演じるのは「私たちのブルース」にて2枚目ハンスを演じていたチャ・スンウォン。

背は高いが、長髪に「水虫?」いいえ、足にアトピーを抱えたおじさん。

汚らしい髭にサンダルという胡散臭い出立…けれど、実はやり手であることが窺える。

彼が執着するのは正義なのか、それとも…

不思議な役どころ。

ホン・グクファ/ファン・セオン

謎めいた女子大生。ある日、ヒョンスと出会い、一夜を過ごすが翌日血まみれの遺体となって発見される。

実は薬物の常習犯であり、交友関係も怪しげだった。

演じるのは「エージェントなお仕事」にて新人女優を演じていたファン・セオン。

主人公が一瞬にして惹かれてしまう、魅惑的な役どころを演じていて印象的。

パク・サンボム/キム・ホンパ

定年間近のベテラン刑事。自分の捜査能力、勘に絶大な自信がある。

事件現場に居合わせたにも関わらず逃げようとしたヒョンスを犯人と見定めて、逮捕、起訴に持ち込む。

アン・テヒ/キム・シンロク

やり手検事だが、状況証拠しかないにも関わらず、ベテラン刑事のサンボムと自身の実力を過信して

起訴・有罪判決に持ち込めると判断し、ヒョンスを起訴する。

ト・ジテ/キム・ソンギュ

刑務所内で絶大な権力を持つ。なぜかヒョンスを気にかけ、救いの手を差し伸べる。

パク・ドゥシク/ヤン・ギョンウォン

暴力団員の受刑者。ヒョンスにやたらと絡んでくる。ヒョンスがジテに構われるのも気に入らず、ヒョンスに手出しをしてくる。

ソ・スジン/イ・ソル

大手弁護士事務所の新米弁護士。事務所所長が、事件の注目度から弁護を買って出たものの、ヒョンスが一貫して無罪を主張し、落とし所をつけられなかったことに

腹を立て、弁護を押し付けられる。ジュンハンの熱意と実力をみて、共同弁護を依頼する。

新人ながら賢い女性であることが窺える。

ホン・ジョンア/キム・ヨンア

国立科学捜査院に勤める、ジュンハンの元妻。

夫に愛想を尽かしたように見えて、その様子を見ていると夫にほとほと愛想が尽きたわけではないことが窺える。

夫に何かと協力的であり、知的で合理的かつ冷静な判断を下すことができる。

彼女の様子を見ていると、ジュンハンが三流であるのは昔からではないのかもしれない、

実は熱意のある弁護士だったのかもしれないと思える。

韓国ドラマ「ある日〜真実のベール」感想〜役者陣の演技力と「善良」とは何かという深いテーマを窺わせる重厚さが見どころ

ある日、突然事件に巻き込まれたヒョンス。

「自分はやっていない」と一貫して無実を主張するものの、

始め彼は事件現場から逃げようとする。

焦りのあまり、自分が現場にいたという証拠も消そうとして

余計に怪しまれてしまう。

そんな彼の様子を、ベテラン刑事は「こいつは犯罪者だ」と決めてかかる。

観ているこっちも、あらあらそんな風にしちゃダメじゃん。正直に今言えばいいじゃん、とか

思うけれども、果たしてこんな風に追い込まれた状況で自分が

正しい」行動をできるのか?

善良な市民がとるべき行動とは一体どんなものなのか?

グクファが隣で血まみれになったのを発見してすぐに救急に連絡していたなら。

逃げずにすぐに警察を呼んでいたなら。

警察と出会った時にすぐに正直に告白していたなら。

ナイフを持たずにいたなら…

数え上げればキリのない彼の過ち。

彼が犯した犯罪…それは薬物やタクシーの無許可運転、飲酒運転…それらを積み重ねた後ろめたさからも

それを隠すために逃げようとするヒョンス。

しかし、「殺してはいない」。

自分の無実を証明するために、裏目に出ることばかりをしてしまうヒョンス。

では、果たして「善良」な人間がその場に居合わせたとして間違わずにいられるのだろうか。

彼は「善良」か「善良」ではないのか。

自分なら果たして「正しく」あれるのか。

追い込まれていくヒョンスを演じるキム・スヒョンがすごく良い。

「僕じゃない僕じゃない」とオロオロして絶叫するシーンも、

刑務所内でいじめられ生き抜くために、自身の生き方を変えていこうとする目も、

諦め切った表情も全て良い。

司法のあり方の問題点も浮き上がってくる。

状況証拠しかないにも関わらず、完全に怪しいヒョンスが始めに見つかったために

きちんと他に捜査せずにヒョンスを「有罪」として事件をスピード解決しようとする

警察と検事。

ヒョンスは社会そのものに不信感を持ったに違いない。

誰も自分の話に耳を傾けてくれないという事実。

そんな世界はこれまで生きてきた中で経験したことがなかった。

彼の世界は、「一夜の過ち」によって180度変わってしまった。

ヒョンスに手を差し伸べる刑務所のト・ジテも過去に同じような経験から

今は刑務所で生き抜く術を身につけた人間だった。

ヒョンスを最初から最後まで信じて弁護を貫いたシン・ジュンハン。

彼が本当のところ、どう思い、どんな過去を生きてきたのかはっきりと描かれるシーンはない。

けれども妙に奥深い演技をするのだ。

全8話という短さながらなかなか奥深い、考えさせられるドラマだった。

-アマゾンプライム, ネットフリックスおすすめ, 韓国ドラマ
-, , , , , , , , , ,